~2016年11月24日第一原理電子状態計算ソフトウェア〝Siesta”のセミナーにて講演を行います

%e7%ac%ac%e4%b8%80%e5%8e%9f%e7%90%86%e8%a8%88%e7%ae%97%e3%81%ae%e5%9b%b3%ef%bc%93

2016年11月 24日(木) 株式会社JSOLが主催する〝第一原理電子状態計算ソフトウェアSiesta”のセミナーにて曽我部准教授が講演を行います。 Siestaとは、第一原理計算の第一人者として著名なケンブリッジ大学のProf.Emilio Artacho氏が開発した電子状態の高速計算を可能にするソフトウエアです。曽我部准教授はケンブリッジ大学に滞在中、Prof.Emilio Artacho氏の門下から第一原理計算について学び、その経緯から、現在、Siestaのサポートサービスを提供するSIMUNE Atomistic社(スペイン)のAcademic&Reserch Collaborators を務めております。
講演タイトルは「DFT-NEGFと低温STM/STSを用いたCo-TPP単分子の近藤共鳴解析」 ナノ構造や低次元デバイスにおけるSIESTA/Tran-SIESTAの活用事例やSIESTAを用いた量子構造太陽電池の解析例などについて簡単に紹介いたします。ご興味のある方は、下記より詳細をご覧ください。 Siesta紹介セミナー開催のお知らせ詳細はこちら→    http://cae.jsol.co.jp/event/conference/2016/siesta/ SIMUNE Atomistic社のWEBサイトはこちら→http://www.simune.eu/index.php/en/about-us SiestaのWEBサイトはこちら →http://departments.icmab.es/leem/siesta/