NEWS
ニュース

古賀諒介さんが第11回量子ソフトウェア研究会で学生奨励賞を受賞

曽我部研究室の古賀諒介さん(基盤理工学専攻博士前期1年)が、2024年3月28日(木)~29日(金)に名古屋大学で開催された第11回量子ソフトウェア研究会において学生奨励賞を受賞しました。

 

【受賞者】古賀諒介
【発表題目】オンラインシステム同定を統合したモンテカルロモデル予測制御による連続量子誤り訂正
【著者】古賀諒介、笠原伸容、斯波廣大、Chen Chih-Chieh、曽我部東馬(テーマ担当教員)

 

量子ソフトウェア研究会は情報処理学会の研究グループの一つです。情報処理分野、特にCS領域の研究者および実務者の量子ソフトウェア分野への参画を喚起し、同分野の研究開発を推進しています。

学生奨励賞は、研究発表会で優秀な発表をした学生に贈呈されるものです。古賀さんの「量子コンピュータにおける量子誤り訂正」をテーマとした発表が高く評価され、今回の受賞に至りました。おめでとうございます!

 

 

大学HP →→→ CLICK!

第11回量子ソフトウェア研究会 →→→ CLICK!

Page top